意外な落とし穴、アロマの禁忌を知って快適に使いこなそう!

ノンカテゴリ

意外な落とし穴、アロマの禁忌を知って快適に使いこなそう!

アロマテラピーを始める前に知っておきたい禁忌とは!?

一番気をつけたいケースとは!?

アロマテラピーは、元々女性の心身の不安定を改善するために発展していったものと言われています。
事実、女性の不調に特化した効果・効能が豊富です。

とは言うものの、妊娠中・産前産後や授乳期など、デリケートな時期には使用を控えたいものもあるのが事実です。

特に妊娠初期は様々な面でデリケート且つ気をつけたいもの。
整理不順にいいとされる精油は、この場合、通経作用と言って生理を促してしまうため、流産の危険性を孕んでいます。

逆に出産が近づいてくる時期であれば、そういった作用のある精油を使うことで スムーズな出産を助けてくれます。

産後特に授乳期については、赤ちゃんへの影響を考えて控えたほうがいいという見方もあります。
お母さんが取り入れたものは、全て母乳を通して、赤ちゃんに行き渡ってしまうからです。

ほかには、特定の疾患(例えば高血圧、腎臓病、喘息など)を持っている人であれば、避けたほうがいい精油があります。
精油を購入する際に、ショップの店員に確認してから購入を決めることが大事です。
安全に使えば、その効果は測りしれません!
好きな香りを主体に選ぶのが大切ですが、特定の疾患をお持ちの場合、その点も考慮するのも重要です。

上手に使えば癒し効果が抜群のアロマテラピー♬

アロマテラピー

具体的には、どんな場合に使ってはいけないの!?

妊娠中は特にデリケート…使える精油は慎重に選びたい

ここで紹介されているクラリセージは、特に生理不順の改善に取り上げられています。
クラリセージに含まれている、スクラレオールは女性ホルモン様の働きをするということで、生理不順にいいということなのですが、妊娠中に使用すると通経作用により、流産の危険性があります。
他の精油についても、妊娠初期はもちろん、安定期に入っても使用を見合わせた方がいいものが少なくありません。

最近では、産婦人科でもアロマテラピーを取り入れたケアを行うところもあるようですので、気になる方は相談してみることをオススメします。

産後のケアは心身ともに大事、こんな時にアロマはどう役に立つ!?

意外な効果として、月経過多の場合にもクラリセージがいいということ。
クラリセージには、月経を上手にコントロールできるという効果があるということですね。
順調な月経周期や量が望ましいものの、そのようにうまくいかないこともあるのが、個人差であると言えます。

授乳期に、ペパーミントがふさわしくないのは、ペパーミント自体が刺激の強い精油であるということ、産後の特に授乳期の母体はとってもデリケート。
マージョラムも同じような理由で、控えたほうがいい精油といえます。

意外に落とし穴が腎機能に対する禁忌

むくみに効果的とされるジュニパーですが、実は腎臓疾患を持つ人は、避けて欲しい精油だったりします。
この場合、サイプレスやラベンダー、ゼラニウムが適当と言えます。

てんかんについては、特殊なので、こういうものだということで理解するといいと思います。

うつ症状にはサンダルウッドは控えたほうがいいとされる理由は、鎮静効果がすぐれており、沈み込む気持ちを加速させてしまうからです。
落ち着く香りと言われるものの中には、実はその症状を更に重くするという反作用があります。
その点をよく理解して、気持ちが沈み込んでいる時には、少しでも気分を高揚させる香りがふさわしいと言えます。
オススメは、柑橘系ですね、特に日本人は柑橘系の香りに親和性があります♬

辛い喘息、アロマで改善したいけど…

このツイートは、若干マニアックですね。
でも、心当たりがあるのであれば、心に留めておいて使用しないことがいいでしょう。
特に喘息に関しては、発作の引き金になりかねません。
十分注意して、取り扱うことが重要ですね。


特に禁忌に触れるようなことでなければ、好きな香りをよりどりで選んでみるというのも♬
以前から欲しかった香りやちょっと気になる香りもまとめて、お得に購入できます!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ