5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ジメジメした梅雨時期こそ、アロマの香りを楽しんでみよう!

ノンカテゴリ

ジメジメした梅雨時期こそ、アロマの香りを楽しんでみよう!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

梅雨時だからこそ、アロマテラピーを上手に活用!

イチオシはやっぱりアレです♬

ジメジメしてスッキリしないからこそ、爽やかな精油の香りに包まれて乗り切りたいもの。
定番ですが、柑橘系がオススメでしょう!
中でもレモン、オレンジスイート、グレープフルーツなどがこの時期にはふさわしいかなと思います。
同じ柑橘系でも、ベルガモットやビターオレンジ、マンダリンなどは、やや香水を思わせるようなテイストなので、どんよりした天気の元ではかえって重くなってしまいます。
また、ハーバル系の香りとして、ローズマリー、ティートゥリーなど、またジュニパー、サイプレスのような樹木系も人によっては落ち着く香りと言えます。

また、柑橘系ではないですが、レモングラスもスッキリした香りで、最近のお気に入りの一つですね♬
エスニック料理にふんだんに使われるレモングラスは、消化を促進してくれます。
食欲が落ちがちな梅雨時期に、レモングラスの香りで食欲増進してみるのもいいですね!

イングリッシュガーデン

あまりオススメでないのは…このテイストかな?

同じ柑橘系でも、梅雨時期にはふさわしくない精油はすでに紹介しましたが、他にフローラル系、オリエンタル系も個人的には好まないですね。
フローラル系やオリエンタル系については、秋から冬にかけての向寒期にもっとも温かみを感じるように思います。
オリエンタル系の香りの代表的なものは、サンダルウッド、フランキンセンス、ミルラなど。
フローラル系はその名の通りお花の香りですが、例外としてラベンダーは梅雨時期でも違和感なく、その香りを楽しめますね♬
ただし、甘さが強いものであれば、場合によっては、重く感じることも。
気温や天気と相談して使い分けるといいのではないかと思います♬

アロマテラピーの画像

効果的な使い方、珍しい精油など、紹介してみた!

ここ数年流行りの″和精油″オススメは⁉︎

″和精油″というネーミングは、ここ数年定着しつつある、アロマテラピーの一つのカテゴリーと言えますね。
このツイートで紹介されている、シークヮーサーの精油というのは、初めてみました♬
ユズはずいぶん前から出回っていたので、珍しいものではないですが、シークヮーサーの爽やかな酸味を感じる香りが精油になった時に、どのようなテイストなのか?近々取り寄せてみたいものですね♬
れもん、はっかというひらがな表記も趣きがあって、いかにも″和″を感じさせます❤︎
″和″を感じさせる精油を、夏に向けて生活に取り入れてみることをオススメしますね。

梅雨時期の辛いむくみに…

むくみに最適な精油にチョイスとして、ジュニパーが紹介されていますが、個人的にはサイプレスとのブレンドがオススメです♬
ここでは、むくみの解消にまずジュニパー、それでも抜けきらない時には、コリアンダーという選択で、体を温める効果が期待できることから、むくみ防止に効果的と考えられたのでしょう。
カレーにも使われるスパイス、コリアンダー…。
消化促進が大きな特徴で、全体的に巡りを良くしてくれます♬
一年を通じて、体を冷やさないということがとても大事なので、体を温めるということは、考える以上にとても大事なこと。
むくみは余分な水分が、体の外に排出されないということから引き起こされるものなので、コリアンダーが非常に役に立つということは、いうまでもないですね。

そもそもは認知症向けに作られたものですが、人間毎日多忙にしていると、ついうかりしてしまうもの。
朝と夜で香りを変えて楽しむことで、脳の活性化に役立ちます♬

どちらも馴染みのある香りで、気軽に使えそうですね!
香りを生活に取り入れることで、常に脳細胞が活性化されるのであれば、やってみる価値アリです♬

興味のある方は、ぜひ覗いてみてくださいね!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸